こじか
  • Author:こじか
  • 趣味:昼寝
    特徴:社会性がない
    主義:あてにしない
    長所:どうでもいい
    短所:我慢強い
  • RSS
<< Kojika Note >>
ブリュッセル在住、何事にも気が向くのが遅い、北海道人・こじかさんの徒然なるブログ。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


嵐TV番組

嵐 - goo テレビ番組


TV番組表

goo テレビ番組


クリック募金


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
風呂屋で待たされるのは
二人で横丁の風呂屋に行って、一緒に出ようねって言ったのに、いつも女の人を待たせる男って、絶対にやだな。

濡れた髪で身体が芯まで冷えて震えている女の人に「冷たいね」とか言うなら、気をつけて早く出てやれよな。つか、そもそも約束の仕方が間違っていたのかな。時間を決めてなかったのかな。男がいつも時間を破っていたのかな。

毎度行く銭湯だったと思うので番台のおばちゃんとも顔なじみだっただろうから、おばちゃんに聞くとかして番台越しに出るタイミングを図るとか出来ただろ?犯罪者かなんかで人目を忍んで暮らしていたから番台のおばちゃんと話出来なかったのかな。

とにかく無自覚で身勝手な人と気が利かない人はいやだなあ。悪気のないのが一番悪い。

と、あの歌を聞くたびに思っていたのですが、実はあの歌は、待たされていたのは男の人の方で、学生闘争で日々疲れている男の人のつかの間の幸せを歌った歌だという説を聞いてちょっと衝撃。

でもやっぱり毎度風呂屋の前で待たせるのは良くないと思うの。特に冬場や夏場。
【2012/10/12 17:30】 | People+World | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
この記事に対するコメント

私は「赤い手ぬぐいをマフラー」にしても、
行きはいいけど帰りは濡れてて寒いんじゃ。
と思ってました^^;
【2012/10/12 17:56】 URL | ササキアキコ # [ 編集]

うっそ〜
え、どう聞いても男が女を待たせてたとしか思えません。
けしからん奴です。
やさしさが怖かったなんてウソっぱちです。
【2012/10/12 18:10】 URL | ゲン # [ 編集]

おお
そいつは衝撃ですね(@_@;)

「あなたの優しさがこわかった」って、子供の頃わからなくて、「どうして、優しさがこわいの!!」って親に聞いてました。
大人になったらわかるよ、とのことでした…そ、そうだね^^;
【2012/10/12 18:54】 URL | けろり # [ 編集]

え~、絶対歌っているのは女でしょ?
作者側の方が、
「待たされていたのは男の人の方で、
学生闘争で日々疲れている男の人のつかの間の幸せを歌った歌だ」
とおっしゃるなら、
私の知っているのは、別の「神田川」ということにします(笑)

みなみこうせつは女の立場で歌っているんじゃないの?
土曜の朝から、ダンナと全フレーズ歌ってしまった…

いやいやいやいや、絶対待たせたのは「男」
この歌詞は「女」が歌ってるよ~

こういう身勝手で独りよがりな男、
許してはいかん、いうこと聞いてはいかん!
と私は昔から思うけど(笑)
この「女」もいじましくていかがなものか。

学生運動の頃の同棲は、日蔭な感じですなあ。
【2012/10/13 11:47】 URL | cucinapovera@デスクワーク # [ 編集]

ササキアキコちゃん
わははは、私も子供の頃、手ぬぐい、帰りはさみーだろう!と思っていました。
【2012/10/13 17:19】 URL | こじか # [ 編集]

ゲンさん
ははは、「けしからん」!「うそっぱち」!( ̄▽ ̄)
うそっぱちって、いいですね。映画とかでよくそう思うことあるんですよね、私☆
【2012/10/13 17:25】 URL | こじか # [ 編集]

けろり
純真な子供の頃のけろり♪大人になったらわかるって親御さん、大人♪
【2012/10/13 17:58】 URL | こじか # [ 編集]

cucinaさん
そうなんですよね〜。許してはいかんですよ。言うこと聞くからダメなんですよね…。(身につまされるお言葉☆)身勝手な人は人の話聞かないから反省しないし改めもしない。無自覚な人も悪気がないし気がつかないから学習しない。そんで相手がいなくなってから大事だったことに気づいて反省したり改めたりするんですよね。それじゃおせーんだよ!って。こいつ(もうこいつ呼ばわり)の場合は恐らく相手に去られてしまっているので、相手を病気にさせて死別したんじゃないことを祈りますじゃなくて、こいつが思いやりとかを学んでくれていることを祈ります。ってなんかすごい話になってしまったな。大事な人は(その時ちゃんと)大事にしないといけないって話です。
【2012/10/13 18:34】 URL | こじか # [ 編集]

そもそも
ふつうに風呂入ったら男のほうが早く出るだろ、髪乾かす時間が早かったりで。
というわけで最初から違和感あったんだよな、この歌詞。
しかも「いつも、私が待ぁたぁされた」って、なんで「いつも」なんだよ。
学習能力発揮しろよ、と思っていたね。
そして、いつも待たせるような男は「優しさ」に欠けるだろう、と思ったね。
だから結論としてこの曲は嫌いだったね。
いまさら、待たされたのは男だとか言ったところで許せるわけでもないね。
まぁ、言葉は悪いけれど
クソ喰らえ!
だな。
アーティストにこんなことを言うのは申し訳ないのだが。
【2012/10/15 12:40】 URL | ゲン # [ 編集]

ゲンさん
私、(昔の)男の人はこういう風に勝手で、女の人はそれに耐えるのが普通だったのだなと思っていました。そして勝手な男がこうやって勝手に「美しい思い出」として思い出している歌なんだなと思っていました。この歌が人気があるのもそういう人達に共感されたからで、私はこういうのはいやだなと思っていました。昔の清貧は美しいと思いますし、曲はいいとは思いますが。
【2012/10/17 10:05】 URL | こじか # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kojikanote.blog12.fc2.com/tb.php/3042-4c1e5c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。