こじか
  • Author:こじか
  • 趣味:昼寝
    特徴:社会性がない
    主義:あてにしない
    長所:どうでもいい
    短所:我慢強い
  • RSS
<< Kojika Note >>
ブリュッセル在住、何事にも気が向くのが遅い、北海道人・こじかさんの徒然なるブログ。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


嵐TV番組

嵐 - goo テレビ番組


TV番組表

goo テレビ番組


クリック募金


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
損な世代
ああ、上の階のガキがうるさくて気が狂いそうです。冬休みに入ったせいか、いつも以上。でもいつも異常。←語呂合わせをしてる場合じゃない。

ドタバタドタバタ走り回る(日常的)。奇声も聞こえる。この建物のベランダの窓はペアガラスなので、それでも聞こえるのは相当騒いでいる証拠。そしてガタンガタンとかゴロゴロゴロとかゴツゴツとかすごい音がする。

言いたくないので口にしないようにしているけれど、親のしつけがなってないんだよね。ああ本当は言いたくない言いたくない。(ちなみに子供達は障碍者ではありません。)

今のこの住宅の若い母親達は建物の前で子供達を遊ばせるのだが、一人毎回必ずキャーという奇声を発しながら遊ぶ女児がいる。周りの建物に反響してそれはそれはひどく耳障りな騒音になっている。親は平気なのかね。自分が平気だからいいのかね。親のモラルが低いんだよね。

おかげで私は体調がわるくなります。

そして自転車を置く場所の一番外に近くて便利な場所に子供の遊具をみんなで並べている。みんなで並べりゃ許されると思っているのか、相当な数で自転車置き場を侵略している(しかもどんどん増えてる)。昔はお母さん達はそれぞれ自分の家に置いていたはず。今の若い母親達の感覚が我々と違っているんだよね。しみじみ。

駐車場で遊ばせたり廊下を走り回らせて平気な親もいるらしい。

それでいて、そういうのを快く思わない我々を毛嫌いしていて、私なんか、直接何も言っていないのに、異常にビビられていたり、あからさまに無視されております。←一人の母親には今にも殺されそうな顔をされる。(…。)

我々世代までは、親や周りの目上の人に怒られたりなんだりしていろいろ社会的なことを教わったり我慢したりして学んで来たけれど、今の若い親って、違うんだよね。

我々世代、上からは厳しくされて、下からはなめられたり話通じなくて、我慢我慢で、この世代ってつくづく損だと思う今日この頃。



上の部屋の親に「防音マットというものがあるのを知っていますか」とせめて言ってみたいのだが、引越しの挨拶に来た時にしょっぱなから父親に「うるさくすると思いますがすいません」と先手を打たれ、苦情(今まで二回だけ言った)を言われたら謝る(苦情を言われてから向こうの父親が謝る)、(二回目の時に)父親と子供が賄賂をよこす、母親には、極力顔を合わせないようにする、出くわしても無視する、という戦法を使われていて直接話す機会がないので言えずじまいです。(土産の菓子なんかいらねーよ、自分の子供しつけしてくれよ。毎日我慢しているが、毎回言ってやった方がいいのかー。)

「お互い様」にも程があるよう。←私は昔の人なのでこーゆー感覚は一応ある。

子供は走り回りたいものだし、奇声を上げたいものでしょう。自分が他人の迷惑になっていることにも気付かないでしょう。だからやっぱ大人が教えないと。(怒るのではなく)説明しないと。集合住宅なんだし。

上の部屋の人は、決まっていた駐車場の場所も、自分の都合(子供を理由にして)でエントランスの隣の停めやすい場所だった人と自分の場所を交換させたし。そのくせよくエントランスに車止めてるし。これはもう、年齢云々の問題ではなく個人の人間性の問題か。



そんな集合住宅ですが、お友達で、駐車場で遊んだら危ないよとか廊下は走るところじゃないよと直接注意をしている人がいるらしい。(しかも絶対に感じわるく言う人ではない。)

一筋の光!正義の見方!正義はある!



【2014/12/29 12:49】 | inner space | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kojikanote.blog12.fc2.com/tb.php/3914-2f39cdd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。